简体中文    繁體中文    English    日文   

   
   

深圳改革開放史展示ホール

    深圳市の前身は1600年あまりの設置歴史を持つ宝安県でした。新中国の創立後、中国共産党の指導の下で、宝安県の人々は、農業を発展させ、水利工事を行い、貧しくて立ち遅れた生活現状を改善するために怠らなく奮闘してきました。改革開放して30年以来、深圳では、世界的工業化、都市化、現代化の歴史的な奇跡が創造されました。深圳は改革開放を通じて、深圳の様子を一変させたうえ、促進とモデルの役割を十分に生かし、全国の体制改革の「モデルケース」及び対外開放の「窓口」として、勇敢な探求者として、全国の改革開放と現代化建設に貴重な経験を積み重ね、中国の特色ある社会主義の道を探求するために重要な貢献をしています。鄧小平が指摘したように、「深圳の重要な経験は大胆に突進することです」。つまり、勇敢に革新するのは、深圳の魂となり、深圳の改革開放の歴史は、思想を絶えず解放し、真実を求め、時代に対応し、革新に励む歴史であるといえます。